医師と共に美を作り上げる|美容外科が叶えてくれること

このエントリーをはてなブックマークに追加

一重の悩みを解消する

目元

目元の整形手術

目は、顔を構成する諸々のパーツの中で、最も強く人目を引くパーツです。その人の性格やものの考え方などが一番ストレートに現れるのが、この目というパーツです。そのため、人は誰かと話をする時に相手の目を見るようにします。また、初対面の人に会った時もまず相手の目を見て挨拶を交わすのが一般的です。その際に相手に良い印象を与えることができるかどうかで、それ以降の付き合い方が決まってしまう部分があります。目の印象一つで顔全体、ひいてはその人の全体的な印象が決まってしまうといっても過言ではありません。そのため、目元の造作が整っていないことがコンプレックスになってしまうケースがよくあります。一番多いのは、一重まぶたであることを悩んでしまうケースです。まぶたが一重になっていると、キツい性格に見えたり寂しげに見えたりしてしまいます。また、まぶたの開きが不完全なため、目が小さくなってしまい、相手の心に強い印象を残すことができません。その悩みを解消したいのであれば、まぶたを二重にする美容整形手術を受けるのが一番です。千葉には、二重整形手術が上手いことで評判になっている美容外科クリニックがいくつもあります。どのような悩みにも幅広く対応できることを売りにしている美容外科クリニックが多いですが、クリニックごとに得意分野が異なっています。千葉在住の人が二重整形手術を受けるのであれば、千葉県内でも二重整形手術の上手さで有名になっている美容外科クリニックを利用するようにした方がよいです。そうすれば、仕上がりに満足できる可能性が高くなります。現在一般的に行われている二重整形手術は、埋没法と切開法の2種類に分けることができます。ここ数年、千葉では埋没法による手術を希望する人が増加してきています。

なぜ埋没法が人気なのか

美容外科で昔からよく行われてきたのは切開法による手術です。切開法による手術の場合は、文字通り、まぶたにメスを入れて二重のラインを作ります。まぶたの皮膚を切り開くことによって、簡単に消えてしまったりすることがない深いラインを作ることができますし、切った所から余分な脂肪を掻き出すこともできます。欧米人のように幅の広いクッキリとした二重を作る場合は、切開法による手術が適しています。また、まぶたに脂肪がついて厚ぼったくなっている場合も、切開法であれば美しい二重まぶたを作ることができます。ただし、皮膚をメスで切るわけですから、術後の患部にかなり強い腫れが生じます。また、縫合糸が目立ちますので、抜糸が済むまでは外出を控えざるをえなくなります。そのため、仕事や学校を休めない事情がある人は手術を受けにくくなっています。一方、埋没法による手術では、まぶたにメスが入れられません。まぶたを切るのではなく、手術用の糸でまぶたの皮膚を固定することによって二重のラインを作ります。全く組織に傷がつかないわけではありませんが、メスで切った時のような強い腫れが起こることはありません。また、痛みや出血も最小限に抑えられます。おまけに、傷口を糸で縫い合わせたりはしませんので、手術を受けた翌日から普通にメイクをすることが可能です。人前に出るのを躊躇ってしまうような状態にはなりませんから、会社や学校を休む必要がありません。日常生活にほとんど影響が出ないため、埋没法による二重整形手術が高い人気を集めています。ちなみに、両目で10万円前後という手術料金の安さも、人気を呼ぶ理由の一つになっています。